プロベラ

比較的に身近な治療法「ホルモン注射」や「プロベラ」の適応する症状などについて

    

身体症状などによってホルモン剤を投与するということは医療現場を中心に取り入れられている治療法です。このことについてはご存知の方も多いことでしょう。しかし、具体的にどのような症状の際に取り入れるものなのかという点についてはわからないという声も一方ではあるようです。

比較的に身近な治療法「ホルモン注射」や「プロベラ」の適応する症状などについて

その中でも、今回は「注射」として投与する具体的なケースというものについて見ていきましょう。

引証:プロベラ錠の個人輸入・海外通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/provera10mg.html

■更年期障害の改善に
特に女性の場合は50最善後を境にして閉経を迎えることが多いのです。この10年前後を「更年期」と手意義付けているのですが、このころは女性ホルモンが急激に分泌量低下をしてしまうのです。生理現象ではありますが、場合によっては不正出血・のぼせ・無気力やうつ状態などさまざまな不調を訴える方も少なくないのです。

このような場合、症状の緩和策としてホルモン注射で女性ホルモンを投与するという治療が実践されています。

■不妊症状に
不妊症については、その原因は個々のケースによって異なってきますが、卵子が育ちにくい体内環境にあるという場合ホルモンバランスが乱れているということが考えられています。検査などによって排卵期に卵子が出てこないというケースには女性ホルモンを注射することによって状態改善を目指すことができるのです。

■心と身体の不一致に
近年、認知度も高まっている性同一性障害。生物学的な性別と自己意識の性別それぞれが不一致状態であるというのが特徴になります。検査や診断またはカウンセリングなどによって投与が必要であると認められた場合には、女性ホルモンを注射として取り入れる治療が行われるのです。

このことによって、女性らしい体つきに近づけることが出来るのです。

■注射に対して興味があるという方に
具体的な症状いくつかを掲げていきましたが、中にはホルモン注射を取り入れたいという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、注射の場合は自らが気軽に行えるというスタンスのものではありません。もし、希望をされている方は症状にあった診療科目を受診していただくことが第一段階となります。

そして、医師が注射による治療が必要であると診断をした場合のみ行うことが出来るのです。希望を伝えることは可能ですから、まずは相談してみるのもよいでしょう。

■副作用についても認識を持つこと
ホルモン注射における副作用については、経口投与のホルモン剤と同様のものが考えられるでしょう。不正出血やのぼせ・乳房の違和感からむくみ・吐き気などさまざまな可能性は否めません。もし、治療段階でこれらの症状が目立ち、生活に支障をきたしてしまうどといった場合には、医師に相談をすることによって治療法やホルモン注射の調整をすることもまた可能となっていますので、我慢をせずに伝えることをおすすめしたいと思います。

■さまざまなことに用いられているホルモン注射
ホルモン療法の中でも注射というところに焦点をあてても、その適応する症状やケースは非常に多いということがお分かりいただけたかと思います。経口投与と比較をすると手軽とはいえないものの、比較的に身近な治療法でもあるかと思います。何らかの身体症状が現れ治療をするというとき、このような手段もあるということを理解しておくと、さらに治療も進めやすくなるかと思いますので知識としてもっておくのもよいかと思います。

また、その際に不安などがある場合には医師に相談をして解決させ納得した上で取り入れていきましょう。