プロベラ

プロベラを投与してもらいたい・治療をしたいという希望をお持ちの方へ

    

症状改善のためにホルモン剤を投与した治療を実践したい。そのように考える方もいらっしゃることでしょう。今ではそうした情報もインターネットなどから得られやすいということがありますので、具体的な治療に希望を持つ方も少なくないのです。

では、今回はホルモン剤を投与してもらうにはどのようなスタンスをとればよいのか考えてみましょう。

■投与できる場所について
注射・処方どちらにしても「医療機関」にて投与が行われます。診療科目についてですが、一般的には婦人科が多いのですが、内科や性同一性障害で悩んでいる方であれば専門クリニックでも可能となっています。自らの身体症状にあわせた診療科目を選ぶとよいでしょう。

■必ず治療を受けることが出来るのか
医療機関を受診し、希望を伝えれば必ずホルモン治療が出来るのかという点についてもあわせて見ておきましょう。答えからいえば、100%ホルモン治療が出来るというわけでもありませんし、ホルモン剤を処方してもらえるというわけでもありません。

医師が診断をし、ホルモンを補充することが必要であると診断が出た場合にのみ取り入れられるものとなっています。また、治療をする際にもホルモン剤がもたらす副作用などの具体的な症状やその可能性という部分についても認識していただく必要があります。

■医師としっかり相談をすること
最終的な判断は医師が行うものではありますが、ホルモン治療を行いたいという希望は伝えていただくことはできます。しかし、ほかの治療法が適切であるということもありますのでまずは「相談をする」ということを行ってみてはいかがでしょうか。

医師によっても診断が多少異なってくることもありますので、いくつかの医療機関で診断を仰ぐのもよいかもしれません。