プロベラ

ホルモン剤のプロベラを投与する際にかかる金額的な負担と健康保険の適用について

    

ホルモン剤を注射として補っていく治療法というものは今では一般的なものとも言えるでしょう。実際に受けようと考えていらっしゃる方もおいでのことと思います。そこで気になるのは「かかる料金」というものではないでしょうか。そこで、ホルモン注射とその金額などについて見ていきましょう。

■具体的な料金について
ホルモン注射を行う際の料金ですが、医療機関によって多少異なってくるかと思います。まずはそうした部分をリサーチしてみるのも良いでしょう。具体的な金額については、1000円から10000円と実に幅広いものとなっているのです。もちろん、症状や部位・量などによっても変わってきます。

まずは医療金を受診し、具体的にかかる費用について聞いてみるのも安心できるかと思います。

■継続的に続ける必要性
ホルモン剤の投与は平均をすると月に1回のペースで行うというのが基本となります。ですから、継続的に取り入れる必要があるというわけです。女性ホルモンの数値を継続的にアップしていくためにはどうしても必要なことなのです。ですから、1回きりの料金というわけではないということも心得ておきましょう。

継続的に投与をすることができる範囲か否かについて考えておきましょう。

■保険適用について
健康保険については、美容目的でホルモン注射をという場合には「治療」ではないということから健康保険「適用外」となってしまいますので、すべてが実費となります。疾患治療のためにという場合には保険が適用され、それぞれに定められた負担金額を支払っていただくことになります。

■まずは相談をしてみよう
医療行為に金額的なことを聞くのは・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、相談窓口を設けている機関もありますので、不安がある方は積極的に相談をしましょう。